彼からのクラミジア感染

まさか、自分に性感染症の検査が必要になるとは本当に思ってもみませんでした。

 

女性

 

私が26歳頃の時のことです。
自分が当時つきあっていた方以外の方と関係を持ってしまい、
それがきっかけで別れました。

 

かなり強引に関係をもたれてしまったのですが、
自分の考えが甘かったと痛感していました。

 

 

そしてしばらくすると、そのことを励ましてくれる彼と出会いました。
半年くらいかけ、彼と付き合うことに。

 

 

すると、しばらくたったある日、
彼が睾丸が痛いので泌尿器科にいくと言い出しました。

 

 

  そして彼は『精巣上体炎』という診断を受けて帰ってきたんですね。
いわゆる性病です…。

 

 

彼は泌尿器科では菌は検出されなかったけど
性感染症が原因と言われたらしく、
商売の方と関係を持たなかったかなど聞かれたということでした。

 

 

彼は、とても恥ずかしかったそうですが、
そういうことはないので、私にも検査に行くよう勧めました。

 

 

彼が風俗に行っていないとすると、完全に私が原因です…。

 

 

私はまさかとは思いましたが、
勧められる通りに婦人科にかかりました。

 

 

婦人科では、受診表に不妊治療、性感染症疑い、
その他の項目があり性感染症疑いに丸を付けて提出しました。

 

 

そのときには、看護士さんのジロジロとした
目線が突き刺さりました。
検査を受けるためのためのとは言え、あの視線は辛かったです。

 

 

先生は優しい方で事情を聞いて、
泌尿器科もいい加減ね〜とかいいながら、
検査をしていただきました。

 

 

検査台はもちろん産婦人科にある足の部分が広がるあれです。
ただ、いくら、優しい先生とはは言え、
自分の股を広げてみせるのは、本当に恥ずかしかったです。

 

 

看護師さんからは変な目で視られるし、
お医者さんには股を広げてみせなくてはいけないし、本当に最悪な1日でした。

 

 

数日後、病院から電話がかかってきて、
「クラミジアが検出されたので受診日よりは
やくまずお伝えだけしておきます」と言われました。

 

 

ショックで彼氏に大変申し訳ない気持ちになりました。

 

 

二人とも治療していまでは仲の良い夫婦ですが、
いまでもあの事はとても後悔しています。

 

 

一度きりですが、ゆきずりの性行為をしてしまった時に
すぐ検査をしておくべきだったと思います。
検査はなにもないなら何もないで安心できるものですからね。

 

 

自宅でも性病検査は受けられます!

病院で検査を受けるのは恥ずかしい、
誰かに見られるのが心配という方は、
自宅で検査ができる性病検査キットがおすすめです。

 

 性病検査キットのおすすめランキング