クラミジアはディープキスでも感染するって本当?

一般的に、性病というのは、「性交渉によって感染する」と多くの人々から思われています。しかし、性交渉をしなくても、感染する性病も存在します。今回は、その性病の一つである『クラミジア』について紹介します。

 

女医

 

クラミジアは、トリコマチスという細菌によって感染します。もちろん、性交渉によって感染する場合もありますが、その他にも「喉」を通じて感染する危険性もあります。

 

この「喉」の感染経路が、性交渉をしていなくても、感染してしまう危険性のある原因の一つです。

 

 

まず、クラミジアは幅広い年代の人々の中で、最も感染率の高い性病です。そして、今では特に、若い年代の人々の間で広まり続けています。また、男女ともに症状が全く無いために、ほとんどの人が感染していても気付きません。

 

 

男性の場合であれば、まず、尿道から液体が出たり、かゆみが発生します。症状に気付かず、放置しておいてしまうと炎症がひどくなり、精巣が腫れ始め、痛みを感じます。

 

 

女性の場合であれば、まず、おりものに変化がみられます。量が多くなったり、ねっとりしたおりものが出るようになります。

 

 

その他にも、性交時に、性交痛を感じたり、不正出血があるなど、膣内や子宮に異変を感じるようになるでしょう。

 

 

男性の方が、女性よりは比較的に症状がみられやすいので、早期発見ができるでしょう。女性の方は、いつも通り変わりが無いと思われがちなので、少しの変化にも敏感になっておくことが大切です。

 

 

性交渉をしなくてもクラミジアには感染する

先程述べたように、クラミジアは「喉」を通して感染する危険性もあります。

 

のどが痛い女性

 

これは、咽頭クラミジアと呼ばれ、喉の粘膜を通して感染します。そのために、オーラルセックス(フェラチオやクニングルス)やディープキスなので、喉を通して、唾液から膣内や尿道へと細菌が入り、クラミジアに感染してしまいます。

 

 

咽頭クラミジアによって、風邪の症状のように、喉が腫れたり、痛みを感じたりします。よって、性病だと気付かずに、風邪だと思い込む人々も少なくありません。

 

 

また、ディープキスへの感染についてより詳しく知りたい方は次の記事が参考になります。
キスで性病は感染する【クラミジアと淋病は要注意】

 

 

このように、「クラミジア」は最も症状のみつけにくい性病です。さらに、性交渉以外でも感染する危険性があるので、多くの人々が感染していても気付きません。しかし、放置して、症状が悪化した場合、痛みや腫れがひどくなったり、女性の場合であれば、不妊症になる危険性もあるので、体調の変化にはよく気をつける必要があります。

 

 

クラミジアの完治は、薬を処方してもらい、1週間から10日間安静にしておけば完治します。処方箋は、それぞれ病院で異なりますので、病院の指示に従ってください。また、女性の場合は、男性よりも性病をもらいやすい傾向があります。

 

 

特に、一度感染すると、体調が弱っている時や、ホルモンバランスが崩れている時は感染しやすい状況にあるので気をつけましょう。

 

 

さらに、性交渉をした男女どちらかにしか、症状がみられていなかったとしても、双方ともに、病院に行き検査をしてもらう必要があります。症状が出ていなかったとしても、潜伏期間であったり、わかりずらかったりするだけの場合もあり、どちらかが完治したとしても再発する危険性があるからです。

 

 

どのような場合で感染したにせよ、体調管理や衛生面などには敏感になっておく必要があります。完治後も、再発には気をつけてください。

 

 

ワンポイントアドバイス〜性病にかかりにくくするために〜

男女共に、性交後、体を綺麗にすることは大切です。さらに、水分補給をよくして、排泄することを心がけましょう。この一つをすることだけでも、体に入った細菌を排泄によって、体外に出すことが出来ます。

 

 

それから、感染したと思ったらすぐに検査をして、治療に取り組むことが重要です。最近は自宅で性病検査ができる、検査キットも発売されていますので、泌尿器科や婦人科へ行くのは恥ずかしいという方は、そのようなアイテムを活用すれば良いでしょう。

 

 

なお、おすすめできる性病検査キットは次のページで紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

 

 性病検査キットのおすすめランキング