妊娠中のクラミジア感染

私は2回目の妊娠中にクラミジアになりました。

 

妊娠中

 

まだつわりもひどい妊娠中期だったと思います。いつもと同じように妊婦健診を受けたのですが、そこでクラミジアだと診断され、膣内へ薬が投与され塗り薬が処方されました。

 

 

それまで全く症状がなかったのですが、その日の夜、異常な患部の痒みに驚きました。慌ててトイレへ行くといつもと感じの違うおりものが出ていたので、そこで初めてクラミジアだということを認識したというわけです。

 

 

ただ、その日の朝の内に妊婦健診でクラミジアと診察して頂いて、お薬を頂いていたが不幸中の幸いです。

 

 

その日からは今までに感じたことのない痒みがしばらく続き、お医者さん処方された塗り薬を塗りながら対応しました。

 

 

次の妊婦健診の時には痒みもだいぶ治まっていましたが、まだ症状が残っていたので膣内へ薬を入れてもらいました。

 

 

クラミジアは妊婦中にはよく感染しやすいと聞いたことがあります。なんでも、免疫が弱くなったときなど体調がよくないときになりやすいそうです。

 

 

私もまさにつわり中でかなり体調が悪かったので、それでクラミジアになったんじゃないかと思います。

 

 

それから3回目の妊娠中にも同じような時期にクラミジアにかかりました。前回のこともあったので慌てることもなく病院で同じように薬を処方してもらいました。

 

 

ただ、今回は治りが悪く一緒に処方してもらった飲み薬を飲んでも、塗り薬を塗ってもなかなか治りませんでした。結局出産ギリギリまでその症状はよくならず、出産が終わってからは全くなんともなくなっていました。

 

 

すっかり妊娠中にはクラミジアに注意するという思いがついてしまったのですが、ある日妊娠中でもないときにクラミジアと同じようなおりものが見られ、異常な痒みに襲われました。その頃はちょうど育児の合間にやっていた仕事が忙しく、かなり体も疲れていたんだと思います。

 

 

すでに2回クラミジアにかかっているので、おりものの状態と痒みからクラミジアだと判断しました。前回病院で処方してもらった薬が効かなかったことと、わざわざ病院に行くのもと思いネットでクラミジアに関する記事や体験をたくさん調べました。

 

 

すると出てきたのは乳酸菌がクラミジアにいいということ。その日から乳酸菌が多く含まれるキムチやヨーグルトを毎日のように食べ続けるようにしました。その後1週間ほどでおりものもいつもの状態に戻り、痒みもなくなりました。

 

 

今現在4回目の妊娠中です。妊娠初期の段階からクラミジアにはならないように乳酸菌の接種を心がけています。
 
 
今のところクラミジアの症状はありませんが、いつなるのか分からないのでしばらく続けていこうと思います。